読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメント経営者、伊津美敬による「精神論トークギグ!ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきたこれまでの血反吐を吐いた経験談や 己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。 リアルな生から2.5次元まで生きていくためのメッセージを受け取ってください。ご意見ご感想、執筆依頼やトーク講演オファー、通常業務案件(制作&マネジメント業務など) はメール info@izumipromotion.jp までお問い合わせください。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

2 6 2 の法則。

..

 

2 6 2 の法則

 

というのをご存知でしょうか?

 

どんなものにも

 

2 6 2

 

が当てはまるというビジネス論、心理的法則です。

 

たとえば世の中の..

 

最初の2割はあなたの事が好き
6割はあなたの事がどうでもいい
最後の2割はあなたの事が嫌い

 

 

たとえば世の中の..

 

最初の2割は固定客

次の6割は来たり来なかったり

最後の2割は来たことないお客さん

 

 

たとえば世の中の..

 

最初の2割は売れる商品

次の6割は売れたり売れなかったり

最後の2割はまだ売ってない商品

 

 

たとえば世の中の..

 

最初の2割が経営者

次の6割は従業員

最後の2割は世捨て人

 

でも実は最後の2割に、諦めているのではなくて

 

最後の2割の人は

少し考え方を変えたり、力や技術を持ったりすると

 

最初の2割になれる。という法則です。

 

ちなみに人間の本質上、6割の人というのは

どう頑張っても最初の2割になれないというのです。

 

そして最初の2割の人は力を失うと

最後の2割になってしまうのです。

 

しかし、もっとおそろしいことに

最初の2割の人は6割には入れないらしい。

 

よく会社の経営者だったがホームレスになった。とかはこの例かもしれません。

 

僕のこのブログはわりと温度高めに本質に踏み込んで書いてますが

 

対象は

最初の2割と最後の2割の方に向けています。

 

自分自身、日々勉強をしていて

最初の2割でいたい所存ですが、、

 

もしも、これを読む人に

 

「自分自身は最後の2割だ、、、なにもない、、

そして人ともコミュニケーションがとれない、、」

 

と絶望する人がいたら

 

「いやいや、ってことは、ですよ!」

 

という前向きなお話だったりするのです。

 

考え方が少し変わったり

モノの見方が少し変わって

 

なるほどな

 

2 6 2 か。

 

改めて自分自身はどうだろう?

 

そして自分の周辺の人たちはどうだろう?

 

と僕はいつか考えるキッカケがありました。

 

30歳くらいまではノリで生きれるんだけど

そっから先は20代での成功体験や

良い人間関係、悪い人間関係を考えなければいけない。

 

その支えになる法則だったりします。

 

ちなみにこの2割の人と6割の人は

あまり考え方が一致しない傾向にあります。。

 

なぜなら根本的考え方が違うから

そればっかりはどうしようもない。

どうにかバランス良い落とし所を見つけるほかない。

 

..

 

あと究極、自分の親を見ると

自分自身が分かってしまうことがあり

 

もし自分は経営者として生きたいのに

親がサラリーマン家庭だと

無意識のうちに幼い頃からサラリーマン教育をされてることがあるので

 

脳内にある、そのマインドを一度ブッ壊さなければならないのです。

 

そうすると

お金の価値が変わり、波及効果というものを知り

考え方が変わります。

 

僕も日々勉強中。。

 

ちなみに最近あみ出した

「15の魂、100まで ®︎」という

僕なりの必殺の法則があるので

それはまた気が向いたときにお話しましょう。

 

..

 

ひとまずは世の中を

 

2 6 2 で考える。