読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメント経営者、伊津美敬による「精神論トークギグ!ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきたこれまでの血反吐を吐いた経験談や 己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。 リアルな生から2.5次元まで生きていくためのメッセージを受け取ってください。ご意見ご感想、執筆依頼やトーク講演オファー、通常業務案件(制作&マネジメント業務など) はメール info@izumipromotion.jp までお問い合わせください。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

SNS ソーシャルネット人生対策 「どういう人があなたのファンか?」

 

「ファン」という単語があります。

 

が、「ファン」という言葉はなにも

ミュージシャンやタレントやアーティストのためだけの言葉ではないです。

 

飲食店

水商売

自転車屋

金融屋

不動産

保険屋

人物

なんにでも当てはまります。

 

応援してくれる人

いっしょにいたい人

動向を見てたい人

シンプルに、あなたを好きな人。

 

..

 

「自分のファンになってくれる人の傾向」

 

これを分かって押さえないと

人を口説けない。

 

なにも、未来に答えがあるわけじゃない

なんなら、過去に答えがある気がする。

 

自分の親友、関係性の濃い友達

もし友達がいない人は、、

自分の親を客観視してみると良いかもしれません。

 

その傾向と遠からずの人が

 

あなたのパートナーであり

あなたのファンであります。

 

その人が 多数派の人か? 少数派の人か?

これにより付き合い方も変わるでしょう。

 

もしも願望で

「こういう人にファンになって欲しいな、、」

と、思いっきり片思いすることがあるなら

 

それ用に自分のキャラクターを完璧に作り上げて

発言から身なりまで全部を作り上げれば

運良く片思いを攻略できることがあるかもしれません。

 

ただし

片思いを攻略すると、、

 

賞味期限は

もって3年以内でしょうか

 

..

 

SNSが発達して

もはやSNSは「ケータイ電話の付属品」ではなくなりました。

 

個人の方が

自分の趣味嗜好を元に、発信力をもつようになり

いわゆる「ブランディング」だなんだと考える機会が増えています。

 

会社員でも

社長などから「お、おい!Facebook流行ってるからやれ!Twitterやれ! つ、次はイ、インスタ!」

となるでしょう。

 

テレビは終わったと愚かなことを言う人がネット界隈でいますが

メディア媒体は、PRやプロモーションの「プロフェッショナル」なのでそれでも力を失うことはありませんが

 

自己顕示欲や自己ビジネスを満たすSNS

いわゆる素人の人が「なにも知らずにやると」

火傷することもあるものです。

 

..

 

ウチはさすがに元バンドマンやってましたらば

15歳くらいから無意識でPR業務をやってますから

こちらもある意味プロフェッショナルなわけです。

 

基本的な使い方、応用の使い方

誰も知らない秘密のテクニック...

 

ご相談は IZUMI PROMOTION までお気軽に。。

info@izumipromotion.jp

 

商売をはじめたい人、アーティストでいたい人

いろいろな方のファンを集めるための

webまわりサポートができます。

 

..

 

片思いは

ほどほどに。。

 

ホーッホッホッホ..     (笑ゥせぇるすまん 風)