「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメントで生きる 伊津美敬 IZUMI TAKASHI による「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきた..これまでの血反吐を吐いた経験談や己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。リアルから2.5次元までを生きていくためのメッセージを受けとってください。お問い合わせはメール info@izumipromotion.jp まで。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

縦社会、横社会を生きる。

 

音楽、芸能、アート、ビジネス

 

どんな世界にも

「縦社会」「横社会」が存在する。

 

それは人間関係という意味ではなく

目的や目標としての、縦と横。

 

縦社会 は「カッコいい」「売れてる」「指示されてる」など

 

横社会 は「たのしいね」「わいわい」「友人関係」など

 

僕自身の考え方では「両方必要」で

「縦社会には入るし入らない。横社会も広げる」

と思っている。

 

..しかし普通一般は

「縦社会で勝ち上がっていくことを求められる」

 

アーティストでいえば

「有名な人と一緒にやってる」

「◯万枚売れた」

「ランキング◯位」

「◯◯さんの流れ」

 

もちろん、縦社会 は必要である。

それは必要に応じて、取り組む必要もある。

 

小さな企業は大きな企業に

無名なアーティストは有名なアーティストに

縦社会が存在する。

 

しかしながら

バカ正直に、縦社会をいこうとすると

とてつもない時間と労力と気力を使う。

 

ここで案がひとつある。

 

横にスライドして

それから縦に進むことも必要だったりする。

 

「横」とは

直系じゃないモノ

あ、これもあるな。というモノ

ちょっとオモロげなモノ

 

おもしろいもんで

横にスライドすると「なんか、ダサくなる」

 

従来のシーンからすると「邪道」に感じる。

 

新日本プロレスに対しての

FMW大仁田厚みたいだ。

 

しかし、このダサさが

ブルーオーシャン」だったりする。

ブルーオーシャンの意味が不明な方はググってみてください

 

でも

完璧主義な経営者や

完璧主義なアーティストは

「ダサくないようにしようとしてしまう」

 

..いや、実は

ダサさをスライドし演出するテクニックこそが

フリーランス個人事業主には絶妙に良かったりする。

 

フリーランス

縦社会に入る途端、本物志向になる途端

数字が出なくなる。

 

しかし人々は褒めてくれる

「よく縦で頑張ってるね」と。

 

ここに葛藤や矛盾がある。

 

そして彼らは我々がそののち横にスライドすると

「縦に並べ」と、悪気なく砂をかける。

 

それは「善意という名の、責任感のないアドバイス」だ。

(これは前に語った 2 6 2 の法則の 6 の部分かもしれない)

 

フリーランスの人間はこれに恐れないで欲しい。

「並ばず、砂をかわせる」かが、一番大切なことかもしれない。

 

わたしは

「縦社会と横社会をミクスチャー」して

「とにかく生き抜くこと」を研究しています。

 

自分が知らず知らずのうちに縦社会に生きて

実はなんにも手に入れてないことを気付けるかどうか?が最大の課題かもしれない。

 

..

 

縦社会 と 横社会 を考えながら

縦 横

に動く。