「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメントで生きる 伊津美敬 IZUMI TAKASHI による「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきた..これまでの血反吐を吐いた経験談や己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。リアルから2.5次元までを生きていくためのメッセージを受けとってください。お問い合わせはメール info@izumipromotion.jp まで。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

無 が 最強。

 

人はわりかし賑やかなや華やかな場所にいると

無意識のうちにテンションを上げている。

 

このテンションを上げるという行為は

あとでその分だけ下がると思う。

 

つまり人の感情は上げたぶんだけ下がるのだ。

 

とくに若いときは

テンションを上げている。上げていた気がする。

 

だから楽しいことを期待する代わりに

鬱 だなんだと言うんだな。

 

もうね、鬱がブームはいいよ。

良い大人がみっともない。

 

かまってちゃんも

僕がんばってます君も

わたし寝てないさんも

鬱で特別な人ですよ

もみっともない。

 

この鬱って言葉に導かれるまま

絶望していったやつを何人も知ってる。

 

知らず知らずのうちに発していた言葉が

素晴らしいはずのもともとの人格に悪影響を与えていることを

 

 

(まあそれを考えると、ロックとは矛盾なんだな

幸福感が見えるとロックが響かなくなる

絶望感にロックは鳴りやすいからだ。

とくにロックやる人は 華→無→鬱 のバランスが難しい。

自分ひとりじゃコントロールは効きずらい。)

 

..

 

これからは 無 が流行りますよ。

 

無 が スタンダード。

 

無 が 最強。

 

だって上げてないから下がらない。

 

無 で 華やかさを出す。

 

これ、最強。

 

誰かに期待して

あいつは役に立たないとか

 

誰かを信用して

世話になったけどもういいやとか

 

不毛ですよ。

 

無 であれ。

無 で築け。

無 で憧れであれ。