「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメントで生きる 伊津美敬 IZUMI TAKASHI による「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきた..これまでの血反吐を吐いた経験談や己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。リアルから2.5次元までを生きていくためのメッセージを受けとってください。お問い合わせはメール info@izumipromotion.jp まで。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

ロックミュージックストーリー

 

ロックミュージック

ロックンロール

ロック文化

..ロック

 

ロックは不良である。

結局のところ「不良の文化」ではある。

 

「ロックっぽいもの」は不良ではなかったとして

結局、ロックは不良の文化ではある。

 

ロキノン系に不良を感じなかったとしても

彼らもきっと普通のなかに不良のエッセンスを1ミリでも入れたいのである。

 

ギターはバイクや車みたいなもんである

持っているだけでは価値を生まない。

 

持っているやつにハクと価値が出てるから

モノにハクと価値がつくのである。

 

ロックとは

どうやって生きてきたか?

トーリーがいちばん大切なのである。

 

漫画みたいなストーリーだと自負できないのであれば

ロックとは呼ばない方が良い。

 

ロックミュージックとは

漫画みたいな生き方を送るやつの背中に流れる

ただのカッコイイBGMである。