「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」

エンタテインメントで生きる 伊津美敬 IZUMI TAKASHI による「精神論トークギグ!伊津美塾ブログ」をご覧いただきありがとうございます。 エンタメや芸術に生きてきた..これまでの血反吐を吐いた経験談や己の潜在意識と顕在意識を掘り出すことで出てきた言の葉の数々を書き下ろします。リアルから2.5次元までを生きていくためのメッセージを受けとってください。お問い合わせはメール info@izumipromotion.jp まで。


<伊津美塾ブログは下のスポンサーリンクで運営中>

脳内ビルの連絡通路の途中にある高級ラウンジで。

 

俺には昔から感じていることがある。

 

見えるものだけを信じる人と

 

見えないものも感じれる人がいる。

 

見えるものだけを信じる人はハツラツとして活気があり、ただ色気や奥行きがないのである。

 

見えないものとは、なにも空想ではないのである。

創造や色気や奥行きなのである。

 

奥行きを感じることができない人は浅はかである。

ある意味、リアルで良いのだが

ギターの音でいうと、アンプ直すぎるのである。

 

それよりもっと、コンプレッションが効いてリバーヴとディレイを足したい

空間系のエッセンスを感じて

分かるやつには分かるサウンドが重要なのだ。

 

見えるものは誰でも見える。

 

見えないものは感じようとしなければ見えない。

 

ただ、その感じ取れたものは

 

もう一度言うが、空想ではないのだ。

 

「感じ取れた」という、実の収穫なのだ。

 

そしてそれが目に見えるリアルよりも大切な

 

財産であったりする。

 

..

 

おそらく感受性というアンテナが反応するのは

 

住んでる場所がどこだ、とか

 

生まれた場所がどこだ、とか

 

年齢や性別ではなく

 

感受性のアンテナが反応する人を

 

点と点で結んでいくことになる。

 

知的財産権

 

俺は脳内にビルを建てていく

 

そして脳内に建ったビルの69Fに連絡通路を設けて

 

同じく脳内にビルを建てたあなたと繋がっている。

 

申し訳ないことに脳内にビルを建てれない人は

 

ドアマンから

 

お客さま、失礼ですが。お帰りください。

 

のお達しがくだる。

 

脳内ビルの連絡通路の途中にある高級ラウンジで

 

ともに、あのコーヒーを飲む瞬間が

 

最高に美味いのである。